2007年08月06日

花火の大会最新情報・・・由良川で川舟からの眺め楽しむ 大江で鬼力の夏まつり

南国のゴムの木で出来た軽い下駄で花火大会へのお出かけを。ゴムの木の下駄 桜色 23.5センチ...
 福知山市大江町で4日、鬼力の由良川夏まつり(大江山酒呑童子祭り実行委主催)が開かれた。昼、夜の2部あり、昼の部では由良川で川舟遊覧が行われ、親子連れらが川からの眺めを楽しんだ。



 町内では、古くから漁や洪水の際の救助用として舟が使われている。今回、昔ながらの川舟で由良川の自然を満喫してもらおうと、初めて企画した。



 波美の波美橋下流の由良川で実施。波美の住民が所有する3隻の舟(長さ約6m)を使い、親子連れら約20人が各10分程度の遊覧を体験した。



地元の人たちが船頭となり、長いさおを器用に操って、周辺を遊覧した。



 子どもたちは魚がいないか川の中をのぞき、大人たちも周囲の自然を眺め楽しんでいた。市立昭和小学校2年生の青木いさなさん(8)は母親や親せきの4人で参加。「小さな舟に乗るのは初めてだったけど、怖くなかった。(周りの風景が)きれいで、楽しかった」と話していた。



 昼の部ではこのほか、由良川と宮川の合流点付近で水辺の生物調査会やアユ400匹、ニジマス200匹を放しての魚つかみ大会があった...



ニュースの続きを読む



(引用 yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070806-00000001-rtn-l26

posted by te at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。